皆さんは、日々どんな時間帯に走っているでしょうか。仕事や家庭の事情などから、なかなか日中には走る時間が取れないという方は多いかもしれません。それなら、ちょっと早起きして“朝ラン”に挑戦してみてください。実は朝走ることには、日々の生活などにも繋がる色んなメリットがあるのです。ここで、朝ランで注意すべき点と合わせて具体的にご紹介します。

朝ランのメリット

他の時間帯と比べて、なぜ朝ランが良いのか?具体的なメリットについて、3つピックアップして解説します。ご自身のライフスタイルや走る目的に照らし合わせ、朝ランが適しているか検討してみてください。

1. 脂肪燃焼しやすい

ダイエットや身体づくりを目的に走っている方なら、ランニングによる脂肪燃焼の効果は注目したいところでしょう。朝は運動時のエネルギー源となるグリコーゲン(糖質)が不足しているため、ランニングすると早い段階から脂肪がエネルギーとして消費されます。つまり朝ランは、脂肪燃焼によるダイエット効果を期待しやすいのです。

2. 仕事や勉強などのパフォーマンスが向上する

ランニングのような有酸素運動は、脳を活性化させると言われます。具体的には記憶力や思考力の向上が見込まれ、仕事や運動のパフォーマンスにも影響を与えてくれるでしょう。しかし一度運動したからと言って、ずっと高いパフォーマンスを維持できるわけではありません。運動後は、少しずつ活性化された脳の状態は元に戻っていきます。そのため、定期的な運動を取り入れることが大切。そして朝ランを実践すれば、1日をもっともパフォーマンスの高い状態でスタートできるでしょう。

3. 早起きの習慣に繋がる

朝なかなか早く起きられないという方なら、朝ランが早起きのキッカケになるかもしれません。寝ぼけ眼でもランニングウェアに着替え、外に出れば「走るか!」とスイッチが入るもの。朝日を浴びて走っているうちに身体と頭がリフレッシュし、走り終えることには眠気などなくなっているはずです。清々しく1日を迎えられますし、早起きした分だけ時間を有効に使えるようになります。朝ランで程よく汗を流した後は、朝食もいつも以上に美味しく感じられるでしょう。

朝ランを行うための注意点

メリットの多い朝ランですが、いくつか注意すべき点があります。以下のような点を念頭に置き、安全に朝ランを楽しんでください。

日中より冷え込む

日中より気温が低いため、ウェア選びなどに注意しましょう。走れば汗をかきますので、簡単に脱ぎ着できるなど体温調整のしやすい服装がおすすめです。また、特に冬季など冷え込みの厳しい時期は、入念にウォーミングアップも行ってください。いきなりスピードを出して走ると、身体が負荷に耐えられず怪我や痛みに繋がりかねません。

走り過ぎは禁物

いくら朝ランが気持ちよくても、走り過ぎないようにしましょう。ランニングで疲労してしまうと、かえって眠くなったり集中力を欠いたりと、パフォーマンスが下がってしまうかもしれません。朝はあまり追い込み過ぎず、「もう少し走りたいな」と思える程度のランニングがおすすめです。

時間帯によっては暗い

時間帯によっては、まだ周囲が暗いこともあります。自身の安全を守る、また走っている際に周囲へ自身の存在を知らせるために、ライト等の着用を忘れないようにしてください。ウェアも反射材の付いたものを選び、走っている際は明るい時間帯以上に周囲に気を配るようにしましょう。

三河 賢文

“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、ランニングクラブ&レッスンサービス『WILD MOVE』を主催。マラソン大会の企画・運営にも携わる。
“運動できる”コワーキングスペース『Plus Fit』オーナー、ナレッジ・リンクス(株)代表、NPO法人HASHIRU理事。ORPHE TRACKアンバサダー。4人の子を持つ大家族フリーランス。